CONCAT関数 複数の範囲や文字列からのテキストを結合する

関数名 CONCAT
分類 文字列操作
説明 複数の範囲や文字列からのテキストを結合する
バージョン 2016 (関数が導入されたExcelのバージョンです。これより前バージョンのExcelでは利用できません。)
カテゴリ Excel関数一覧

ここでの解説は、特に説明がない限り、Excelをインストールし、初期設定のまま使用した場合の動作を基に解説しています。

書式

CONCAT(文字列1, [文字列2]2, … ,[文字列253])

1 - 文字列 ----- 結合する文字列、またはセルの範囲などの文字列の配列を指定します。
2 - [文字列2], … ,[文字列253] ----- (省略可) 結合する追加の文字列、またはセルの範囲などの文字列の配列を指定します。


解説

例えば、セルに図の様な値が入力されているとします。
Excel関数
「=CONCAT(A1:C1)」を入力します。
Excel関数
セル範囲A1:C1の値それぞれを結合します。
Excel関数
「=CONCAT(A1,"の",B1,"を",C1,"する。")」を入力します。
Excel関数
各セルの値と任意の文字列を結合します。
Excel関数


注意事項

・結果の文字列が32767文字(セルの上限)を超えると、エラー値 #VALUE! を返します。


メモ

CONCAT は CONCATENATE


関連する関数

CONCATENATE