ACOT関数 角度の逆余接(アーク・コタンジェント)を返す

関数名 ACOT
分類 数学/三角
説明 角度の逆余接(アーク・コタンジェント)を返す
バージョン 2013 (関数が導入されたExcelのバージョンです。これより前バージョンのExcelでは利用できません。)
カテゴリ Excel関数一覧

ここでの解説は、特に説明がない限り、Excelをインストールし、初期設定のまま使用した場合の動作を基に解説しています。

書式

ACOT(数値1)

1 - 数値 ----- 求める角度の余接の値を実数で指定します。


解説

例えば、セルに図の様な値が入力されているとします。
Excel関数
セルに「=ACOT(A1)」を入力します。
Excel関数
指定された角度の逆余接がラジアンで求められます。
Excel関数
セルに「=ACOT(-0.5)*180/PI()」を入力します。
Excel関数
指定された角度の逆余接が角度で求められます。
Excel関数


注意事項

・数値が1未満の場合は、エラー値 #NUM! が返されます。
・数値の絶対値が1未満の場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。


メモ

ACOT は ArcCOTangent。


関連する関数

DEGREESASINACOSATANATAN2