Ctrl + Shift + 1 現在選択されているセルの表示形式に「桁区切り」を設定する

操作 Ctrl + Shift + 1
説明 現在選択されているセルの表示形式に「桁区切り」を設定する
Excelのバージョン 2013
カテゴリ Excelショートカットキー一覧

ここでの解説は、特に説明がない限り、Excelをインストールし、初期設定のまま使用した場合の動作を基に解説しています。

解説

例えば、セルA1とセルA2に図の様な値が入力されているとします。
Excelショートカットキー
セルA1をアクティブセルにし、Ctrl + Shift + 1 (Ctrl + Shift + !) を押します。(テンキーにある1は不可です)
Excelショートカットキー
表示形式に「桁区切り」が設定されます。

セルA2をアクティブセルにし、Ctrl + Shift + 1 (Ctrl + Shift + !) を押します。(テンキーにある1は不可です)
Excelショートカットキー
表示形式に「桁区切り」が設定されます。負の値には、「-」が設定されます。

Ctrl + 1を押して[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。
Excelショートカットキー
「負の数の表示形式」に「-」が設定されていることが確認できます。


関連するショートカットキー

Ctrl + @Ctrl + ^Ctrl + Shift + 3Ctrl + Shift + 4Ctrl + Shift + 5Ctrl + Shift + ^