Shift + F8 選択範囲追加モードに切り替えまたは解除する

操作 Shift + F8
説明 選択範囲追加モードに切り替えまたは解除する
Excelのバージョン 2007
カテゴリ Excelショートカットキー一覧

ここでの解説は、特に説明がない限り、Excelをインストールし、初期設定のまま使用した場合の動作を基に解説しています。

解説

例えば、セルA1が選択されているとします。
Excelショートカットキー
Shift + F8押します。
Excelショートカットキー
選択範囲追加モードになり、マウスクリックによって自由に選択範囲を追加することができるようになります。
Excelショートカットキー
例えば、セルC1、セルA3、セルB4をクリックすると、上図の様に離れたセルを選択することができます。
選択範囲追加モードを解除するにはESCを押すか、Shift + F8を押します。
Excelショートカットキー
選択範囲追加モードが解除されました。

参考学習

カーソルキーを使って、離れたセルを連続して選択することができます。
Shift + F8を押し、選択範囲追加モードします。
Excelショートカットキー
セルB2に選択セル(アクティブセル)を移動します。
Excelショートカットキー
F8を押し、拡張選択モードにします。
Excelショートカットキー
セルC2に選択セルを移動します。
Excelショートカットキー
選択範囲が拡張されました。(この時、アクティブセル(セルB2)は移動しません)
Shift + F8を押し、再び選択範囲追加モードします。
Excelショートカットキー
セルA4に選択セルを移動します。
Excelショートカットキー
F8を押し、拡張選択モードにします。
Excelショートカットキー
セルC4にカーソルを移動し、選択範囲を拡張します。
Excelショートカットキー
このShift + F8と、F8の操作を繰り返すことによって、離れたセルを自由に選択することができます。