Ctrl + Shift + A 引数名とかっこを挿入する

操作 Ctrl + Shift + A
説明 引数名とかっこを挿入する
Excelのバージョン 2007
カテゴリ Excelショートカットキー一覧

ここでの解説は、特に説明がない限り、Excelをインストールし、初期設定のまま使用した場合の動作を基に解説しています。

解説

例えば、セルA1からセルA3に図の様な値が入力されているとします。
Excelショートカットキー
セルA4をアクティブセルにし、関数「=sum」を入力します。
Excelショートカットキー
Ctrl + Shift + Aを押します。
Excelショートカットキー
セルA4に「=sum(数値1,数値2,...)」と入力されました。
このように、カーソルが関数名の右にあるとき、Ctrl + Shift+ Aを押すと、関数の引数(ひきすう)名と、かっこを自動で入力することができます。
関数を入力したいけれど、どのように式を書いたらよいのか忘れてしまった場合などに使用すると便利です。


関連するショートカットキー

Ctrl + A